べんきょーの神様★あまジン

おもしろ勉強マンガ

北野天満宮、影の大ボス!?

北野天満宮といえば、ご祭神はいわずとしれた菅原道真公。 しかし実は・・・影の黒幕(?!)が。 境内の裏手に、天満宮の「大ボス」がおられます! この祠を参らずして何を参る!!! 北野天満宮の大ボス、摂社の筆頭「天神地祇(てんじんちぎ)」。 地祇と…

第84回 左右の新米大臣 の巻

ここでいよいよ宿敵・藤原時平(ときひら)の登場です。 すこーしだけ、意地悪そうな顔にしてみました。しかし服装が・・・黄色。 黄色い悪役・・・? 悪そうにみえませんよね。 道真公に関する本ををいろいろ読んでみると、今のところ「時平=極悪」でほぼ統…

第83回 じゃ、左大臣は? の巻

■右大臣の就任命令、3回も断る! 実際の道真公は右大臣の就任命令を、なんと3度も断っています。 この時代の慣習として昇進命令は2度まで辞退し3度目で受けていました(奥ゆかしい~京都っぽい~)。 しかし道真公は掟破りの「3度辞退」しています。 おそ…

第82回 道真公の大改革! の巻

■税が払えない人はいったいどうなるの? 他府県に逃げる・山にこもる・貴族の私有地で雇われる・浮浪者になる・強盗になる…のいずれかがほとんどでした。こうして税を払う人がどんどん減り、税収が落ち、国のおサイフが…大がピンチに! そこで道真公がとった…

第81回 白紙に戻そう、遣唐使 の巻

■遣唐使の廃止は改革の一歩! 道真公は、遣隋使から数えて300年ほど続いた遣唐使を廃止しましたが、ハッキリした根拠がありました。 ひとつは、すでに唐の国力が衰え切っていたこと。 道真公は遣唐使廃止の1年前、唐の留学僧からの手紙で唐国内の情報を得て…

第80回 天神様、泣いちゃった!?の巻

■道真公の讃岐赴任は左遷? 道真公の讃岐赴任は、「アンチ道真派が仕組んだ左遷」という説もありますが事実は不明です(基経さんはこの人事に関与していなかったようです)。実際、地方の国司で優秀な成績を上げた人はのちに官僚として出世街道を進むことが多…

第79回 天神さまは政治家!の巻

道真公は、230年にわずか65人しか合格者が出なかったといわれる超難関試験の官僚試験に合格します(!) そして最終的には学者としての最高峰の文章博士(もんじょうはかせ)にまでのぼりつめます(文章博士は道真公の祖父・父も経験した地位で、菅原家の悲願でも…

第78回 なぜ「天神」に!?の巻

道真公のお父さん・おじいさんはともに学者で私塾を経営し、たくさんの門下生をかかえていました。 ともに学者としてトップクラスで、文章大臣(もんじょうだいじん)と呼ばれる、当時の国立大学の学長に任じられていたほどでした。 そんな教育一家に生まれ…

北野天満宮の近くにあるオススメ神社② 安楽寺天満宮 

バスを使わずJR円町駅から北野天満宮まで徒歩で行くコース。 大通りではなく住宅地の通りに入っていくと、小さいながら雰囲気のある天満宮を偶然に発見しました。 『安楽寺天満宮』 おお、これは知らなかった。 『安楽寺天満宮』って、寺か神社かどっちやね…

第77回 うらめしや~のスーラスラ!?の巻

「天神」「学問の神」「怨霊」。 この3つは確かに結びつきませんね。 道真公が「怨霊」と化し、そしてそれが「天神」に昇華し、さらに「学問の神」として日本でおよそ1万2千社、日本で3番目に多い神社といわれるほど人々に支持を集めるようになったのは…

第76回 オンリョーってなに!?の巻

菅原道真公は「日本三大怨霊」の一人と言われています(あと2人は平将門・崇徳天皇)。 しかし興味深いのは、「恨みをもって亡くなった人を神様として祀る」という日本の慣習です。 北野天満宮にいくと、道真公とは直接つながりがないけれども、冤罪(えんざ…

第75回 トイレの神様?!の巻

なんで学問の神様なのに「天神」・・・? 菅原道真公を歴史で習うまでは本当によくわかりませんでした。 実は「天神」と呼ばれる神様には大きく分けて3タイプあります。 1つ目は古事記にも記述がある「天津神(あまつかみ)」。 2つ目は「火雷神」、いわ…

北野天満宮の近くにあるオススメ神社① 大将軍八神社 

北野天満宮へは京都駅からバスが便利なのですが、30~40分と意外に時間がかかります。 京都のバスは混むので満員の車内が苦手な人は、京都駅から電車でJR嵯峨野線に乗り換えて約10分で円町駅へ、そこから徒歩でおよそ15分というコースもあります。 円町駅か…

謎の大黒天様で金運上昇?!

北野天満宮の一角に謎の大黒天様があります。 ぱっと見は目立たないのですが、この大黒様の前にはつもだいたい人がいて何かをしているので「何しているんだろう?」と目に留まります。 ん?でもよく見るとこの大黒様、なんか変だぞ? この大黒天様のお顔には…

北野天満宮のごりやく鉛筆

北野天満宮の授与品、えんぴつです(写真は6本入り)。 木箱に入っていてカッコいいです。 私も持っていて、ふだんマンガの下書き用に使っています。 6本のうち3本には道真公の代表的な和歌が刻まれています。 和歌の解説もついています。 有名な歌なので…

第74回 番外編・のーふくさんと天神さん

・・・というわけで予定外でしたが、あまジン第二部は天神様のお話が中心になります。 ★↓見ていただけたら2つポチリ!と押していただけると励みになります。

【通し読み】第54~73回 能福さんと先取り学習

【通し読み】第1~25回 学問の神様、登場 【通し読み】第26~42回 計算ミスとさようなら 【通し読み】第43~53回 中学受験せずにがんばる 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73…

【通し読み】第43~53回 中学受験せずにがんばる

【通し読み】第1~25回 学問の神様、登場 【通し読み】第26~42回 計算ミスとさようなら 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 ★↓見ていただけたら2つポチリ!と押していただけると励みになります。

【通し読み】第26~42回 計算ミスとさようなら

【通し読み】第1~25回 学問の神様、登場 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 ★↓見ていただけたら2つポチリ!と押していただけると励みになります。

第73回 押し戻されても再アップ! の巻【マンガ第一部 終了】

これであまジン・マンガの第一部はおしまいです。 第一部の最終回は、勉強が苦手でクラスでも「笑い者」ポジションだったまりもちゃんが、見えない圧力に押されてくじけたところを、あえてもうひとがんばりすることで、次のステージに抜け出すことができたと…

第72回 安定を求める の巻(その2)

子どもは学校で、家にいるときとは違う役割を演じています。 たとえば、 家では中心的な存在なのが、学校では目立たないおとなしい子。 家では頼りなくて甘えん坊なのに、学校ではみんなを引っ張るリーダー格。 家ではわがままでだらしないのに、学校ではま…

第71回 安定を求める の巻(その1)

お話はさらに機微に深く触れる内容になっていきます。 慢性的に成績がよくない子が一大決心をしてがんばった結果、成績が飛躍しました。 これでやっと抜け出せた!新しい自分になれた! ・・・と思うのはまだ早いようです。 まるで形状記憶のシャツのように…

第70回 プチ優越感!? の巻

今日は勉強苦手な子どもについて、少し機微に触れるお話です。 小学・中学・高校と成績が平均付近もしくはそれ以上でずっと来た人にとっては想像もつかない世界かもしれません。 しかし、勉強が苦手な子にとって、学校授業はどんな風に見えているものかとい…

第69回 明日のこともわからない? の巻

ふだん何気なく通っている学校。 実はそこでほぼ毎日毎時時間、新しいことを習っています。 楽しい時も悲しい時も、つらい時も平和な時も、お腹が減ってる時も満腹のときも、こちらのテンションおかまいなしに、まるでベルトコンベアーで流れてくるように次…

第68回 塾の費用と同じ!? の巻

(前回のお話のつづき) 大学入試の問題文の文字数が増える傾向です。 入試は内容の理解だけでなく「短時間で大量の文字を処理する能力を問う」といわんばかりのものになっています。 たとえば、従来のセンター試験と2021年スタートの「共通テスト」を比較し…

第67回 最近ふと思う… の巻

「思考力を問う」が最近のトレンド。 たとえば、今年改訂された中学1年生の数学の教科書。 単元の導入1ページ目は、ぱっと見でこんな感じです。 ◆2021年改訂 啓林館 中1数学の教科書「方程式」の導入1ページ目 うっ、文字おおい・・・ これが導入?? 前…

第66回 理解せずに解く の巻(その2)

長方形の面積、といえば意味もわからず「たて×よこ」とだけ覚えている人、けっこういるものです。 もちろんそれで十分で何の不自由もないのですが、なぜ「たて×よこ」になるのかという理屈を理解していると、とても便利です。 なぜなら、長方形の面積の求め…

第65回 理解せずに解く の巻(その1)

数年前からブームが続く公立中高一貫校の中学入試、昨年スタートの大学入試共通テスト、そして今年から新しくなった改訂中学の教科書、というように、 「原理・原則、理屈を十分に理解してから解法へ」が最近の主流です。 これは「原理を知らずとも丸暗記と…

第64回 理解はとばして、ただ真似る! の巻

理屈は知らなくていい、という意味ではありません。 まずやってみる!理屈はあとで!という、順序のお話です。 実はこれで解決することが本当にたくさんあるのです。 だから、もし理屈がわからなくてもあまり深刻に考えず、とりあえずお手本を真似ること、そ…

第63回 能力は生まれつき? の巻

背が高い・背が低い、体が大きい・小さい、足が速い・遅い、力が強い・弱い、手先が器用・不器用、歌がうまい・音痴・・・などなど 人は生まれつき、容姿も能力も違います。そして、『勉強』についてもやはり能力の高い・低いは存在します。 では、『勉強』…