べんきょーの神様★あまジン

おもしろ勉強マンガ

第52回 常識にとらわれるな! の巻

f:id:amazim76445483:20210525153700j:plain

f:id:amazim76445483:20210525153727j:plain

 

よく中高校生から「過去問で何割できたら○○大学(○○高校)に合格できますか?」と質問されます。

 

これが検定試験なら一定の基準がありそれを超えれば「合格」なので、合格ラインをほぼ正確にいうことができます。

 

しかし入試は検定試験と違います。

 

入試は始まるまで、合格ラインが存在しないのです。

 

このことを頭ではわかっていても完全に理解している受験生は意外に多くないのかもしれません。

 

入試会場に集まった人たちが一斉に試験を受けます。その得点を上から順にずらーっと並べ、人数があるところに来たらピッと合格ラインを引きます。そこで初めて合格ラインが決まります。

 

自分より弱い人が多数の試験会場に行けば自分は合格ラインより上に行けて「合格」になります。

 

しかし、自分より強い人が多い試験会場に行けば合格ラインより下になって「不合格」になります。

 

同じ実力でもどちらの試験会場で試合をするかによって「合格」なのか「不合格」なのかが違ってきます。

 

だから、「合格」という言葉は検定と入試では少し意味合いが違うのです。 (検定試験は絶対評価、入試は相対評価に近い、といえるかもしれません。)

 

自分の勉強の能力が対戦相手よりも低いのであれば、同じやり方・スピードで勉強すればまず追いつくことは難しいでしょう。 対戦相手も同じようにがんばっているからです。

 

このまま普通の勉強のやり方でいけば、まりもちゃんは将来 夢を叶えられないということを、あまジンは知っています。そこであまジンは、人間社会では少し変則的に見えるけれど道理にかなった方法で、まりもちゃんの勉強をサポートし夢を叶えようと考えます。

 

 

 

 

 

 

★↓見ていただけたら2つポチリ!と押していただけると励みになります。

  にほんブログ村 子育てブログへ