べんきょーの神様★あまジン

おもしろ勉強マンガ

第66回 理解せずに解く の巻(その2)

f:id:amazim76445483:20210619210445j:plain

f:id:amazim76445483:20210619210459j:plain

長方形の面積、といえば意味もわからず「たて×よこ」とだけ覚えている人、けっこういるものです。

 

もちろんそれで十分で何の不自由もないのですが、なぜ「たて×よこ」になるのかという理屈を理解していると、とても便利です。

 

なぜなら、長方形の面積の求め方1本槍で「三角形」や「平行四辺形」「台形」の面積にまで応用して求めることができるからです。

 

あのややこしい台形の面積「(上底+下底)×高さ÷2」の公式も、仮に忘れてしまったとしても、長方形の面積の理屈を使えば、なんとかなるのです。

 

しかし、毎日・毎時間 学校で新しいことを習い続ける子どもたちが、みんながみんなすべてのことを完全に理解し、それを応用させるというのはあまり現実的ではなさそうです。

 

特に理解がゆっくりな子・一度に覚えられる容量の小さい子の場合は、最初に覚えることを小さくしてあげることも大事です。

 

そして覚えたことが頭の中で成熟し、当たり前の状態になった時に、その時になって初めて原理原則・理屈を教えてあげると、点と点がつながって、一気にババババッと理解できるようになることがあるのです。

 

 

★↓見ていただけたら2つポチリ!と押していただけると励みになります。

  にほんブログ村 子育てブログへ